こんな頭痛には要注意

頭痛には様々な種類があり、その大半が自然と収まったり、薬である程度症状を抑えることができる頭痛です。

そういった頭痛に関しては病院受診をする必要はありませんが、頭痛の種類によっては病院受診が必要な頭痛もあります。

慢性的な頭痛と突発的な頭痛

頭痛持ちの方は慢性的な頭痛であり、こちらに関しては痛みが例え強くても病院受診をする必要がない場合が多いです。

しかし、突発的に痛みが出てきた、急に痛みが出てきた場合では病気による痛みになっていることが多いですので、病院受診が必要です。

特に頭痛薬を飲んでも痛みが引かない場合は、通常の頭痛とは違うということが予測されますので、十分注意が必要です。

「薬を飲んでも改善されない頭痛」というのが受診をするか、しないかの基準と考えても間違いはないでしょう。

吐き気を伴ったり、意識障害がある場合は即受診

突発的な頭痛を含む頭痛で吐き気や意識障害がみられる場合には即受診をすることをお勧めします。

この場合は脳梗塞や脳内出血を伴っている場合がありますので、そのまま放っておくと命にかかわることがありますので注意が必要です。

また、目の痛みが出てくる頭痛の場合も眼球内の眼圧が高くなっている状態ですので、放っておくと視神経が圧迫されて失明の危険性があります、早めの受診をするようにしましょう。

頭痛+何かべつの症状が出る際も病院受診の目安になりますので、しっかりと判断するよにしましょう。

また、一人暮らしなどの場合は、救急を呼ぶことがあります。
救急隊員にはどのよな症状があり、それがいつから始まったのか聞かれることがあります。

医療関係者としては頭痛が始まった時間が非常に大切な判断材料になりますので、頭が痛みだした時間はしっかりと覚えておくようにしましょう。

何科?どこの病院に行ったら良いのか

頭痛で受診をする際に間違いやすいこととしては、内科に行ってしまうということです。
内科では体の中、首から下のことは専門家ですが、脳に関しては専門家ではないですので注意しましょう。

脳の場合は脳神経外科や神経内科です。特に脳神経外科の場合は大きい病院ですと、レントゲンを撮影してくれてその場で判断をすることができますのでできるだけ大きな脳神経外科に行くことをお勧めします。

もし近所に神経内科や脳神経外科が無い場合は、外科などを受診をするようにしましょう。
外科の場合は、レントゲン機器を置いている場合が多いですので、症状の判断はできます。

頭痛でいつもと違うと思った時はとりあえず受診をすることも一つの予防策として有効だといえます。