片頭痛の前触れ・予兆

片頭痛の前触れや、予兆が分ればある程度対処のしようがあるかと思います。

仕事中などで薬を飲めない人であれば、前兆がある程度分れば事前に飲んでおくことができるなどある程度対処することができます。

片頭痛前に起こる体の変化

片頭痛が起こる前にはある程度の予兆が体から出れているといわれてます。

イライラしたり、お腹がすくなどの空腹感、衝動的に甘いものが食べたくなる、落ち着かなくなる、気分が高まったりします。

これらは片頭痛が始まる24時間前から出現するといわれていますので、そういった症状が出始めたら片頭痛が起こる可能性があります。

しかし、これは人によって前兆は大きく違いますので、自分の変化に対して敏感になって把握することが予兆を知るポイントになります。

ストレスから解放された時

ストレスは片頭痛の原因となりますが、そのストレスから解放された時に痛みが起こる場合があります。

ストレスによって血管が収縮してしまい、ストレスから解放された時に血管が緩む、解放されますので、その動きが片頭痛に繋がることがありますので注意しましょう。

特に働いている人であれば、月から金までは緊張状態、金曜日に仕事が終わってからストレスから解放されて、痛みが出現してくる。

日に痛みがでるという場合もありますのでせっかくの休日を片頭痛とともに過ごすことになってしまいます。

過度にストレスを抱えてしまうと、解放された時の反動が大きいですので、日常的にストレスを解放しておくこおとが必要になってきます。

女性の場合はホルモンバランスに注意

女性ホルモンと片頭痛は非常に大きな関係があるとされていますので、女性の生理などで起こる急激なホルモンバランスの変化には十分注意することが大切です。

特に生理前からホルモンバランスは大きく変化してきますので、生理前に痛みが出てきて、生理が始まった2、3日後に痛みが出てくるという場合があります。

生理前後や排卵日前後など月の決まった時に痛みが出てくるという場合は、ホルモンバランスが大きく関係している可能性がありますので、メモを取る、カレンダーに記載するなどをして痛みが出る前に対処できるようにしておきましょう。
参考:女性の生理と頭痛

また、ホルモンバランスは10代や20代が一番変化が大きく、30代、40代になってきますと徐々に落ち着いてくる傾向にありますので、自身の年齢にも注意しておくとホルモンが原因なのか、他に原因があるのか知ることができます。